自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

行動力

「力が抜ける」まで、頑張ってみませんか? 〜『スキマな地域の情報発信講座』を振り返ってみて〜

昨日は『Skima信州』主催の「スキマな地域の情報発信講座」にゲスト講師として呼んでいただき、僭越ながら「ファンづくり」について、お話をさせていただきました。何が楽しかったって、とにかく参加者の熱量が高く、たくさんの刺激をいただけたことと、講師…

自分で選んだ道を後悔したくないなら、その道が正解だと“思い込む”しかない

自分がこれから進む道に対して、ふと不安がよぎる…。進むことが怖くなる…。そんなとき、僕の頭の中に“条件反射的”に浮かんでくる言葉があります。 「どの道を選ぶかでなく、選んだ道でどう生きる(頑張る)か」 選んだ道が正解か、あるいはベストであるかど…

「◯◯はしなくていい!」は、実際に“それをした人”が言っている

最近、世間では「◯◯なんて、しなくていい!」というメッセージを発信している人がとても多くなりました。「大学には、行かなくていい!」だったり、「大企業には、入らなくていい!」など、1度はそんなメッセージを目にしたことがあると思います。僕も昨日、…

「完全」を追い求める人ほど、「武器」を捨てよう

「完全」を追い求める人ほど、行動力が落ちる。「完全」を追い求める人ほど、発想が乏しくなる。 これは、僕の持論のひとつです。 20代の頃にがむしゃらに動き、優れたアイデアで結果を出してきた人が、30代になった途端、行動力が落ちて、発想が乏しくなる…

自分が「高い…」と感じる商品やサービスの中に、人生を豊かにしてくれる“体験”が隠れている

ある商品が、その金額で売られているということは、“その金額で買う人=その金額を出す価値を知っている人がいる”ということです。つまり、ある商品やサービスの金額を見て、「高いなぁ…」と感じるようだったら、価値を感じられる商品やサービスに、自分が巡…

仕事で「目標の立て方」に迷っている人は、この“3つの目標”を掲げてみてほしい

イタリアの彫刻家である、あのミケランジェロはこんな言葉を残しています。『最大の危険は、目標が高すぎて、達成できないことではない。目標が低すぎて、その低い目標を、達成してしまうことだ』 目標を達成してしまうと、人はそこで1度、エンジンを“ストッ…

なかなか成長できない人は、バッティングセンターの“ネットの外”にいる

「その例え、絶妙ですね」あるテーマについて話をしていたとき、うちのリーダーが僕の例え話がわかりやすいと褒めてくれたので、今日はその例え話について、書いてみたいと思います。 ハイボールを飲みながら、「なかなか成長できない人」について、話をして…

すぐに結果を出す人は、瞬時に取り入れて、瞬時に試す

数日前に、秋田県鹿角市で立ち上げたローカルメディア『スコップ』の新メンバー、Mくんについての記事を書きました。 行動力があり、優秀なこともわかっていましたが、正直、仕事を受注するまでには少し時間がかかるかなぁと思っていました。でも、先週早く…

仕事ができる人は例外なく、上司や先輩の「◯◯◯◯こと」を、先回りしてやっている

仕事ができない人の特徴のひとつとして、上司や先輩から“言われたことだけ”をやっていれば、評価がアップすると思い込んでいる…という事例がよく挙げられます。年齢や立場にもよるとは思いますが、ある程度の年齢と経験を重ねた人がそう思っていたら、それは…

結果を出す人は、「学んでわかること」と「動いてわかること」の違いを知っている

僕らが去年の5月に立ち上げた、鹿角の求人&ローカルメディア『スコップ』。認知度はまだまだ低いのですが、応援してくれる地元の人たちがひとり、ふたりと、少しずつ増えています。そして、今年の6月には「もっと自分の町を盛り上げたい!」と、僕らの会社“…

ミスをしないことでなく、ミスをしたあとに「どう動くか?」のほうが、何百倍も大事

「いいメンバーが揃ってるんです、うちのチーム」最近よく、ほとんど無意識に、誰かの前でそんなセリフを連発している自分がいます。ありがたいことです。 僕自身が自信を持ってそう言えるのは、うちのメンバーがそれぞれ、パートナー企業の方から「あなたに…

定期的に会って、お互いに刺激し合える人には、ひとりひとりに“ベストな間隔”がある

「会いたい人リスト」に加えて、今日新たにひとつ、“リスト”を作成しました。それは、『会いに行く人リスト』です。 この記事の最後に、以前「会いたい人リスト」について書いた記事のURLを載せていますが、「会いたい人リスト」は基本、いつか会いたい人(…

「ワクワクすること」に勝る、営業活動はない

今日、ニッポン手仕事図鑑のfacebookやツイッターでもご報告させていただきましたが、ポーラ・オルビスホールディングスさんと一緒に、フリーペーパー『あいらし』を創刊しました。 ポーラ・オルビスHDさんとニッポン手仕事図鑑は、フリーペーパー『あいらし…

「失敗した人」と「成功した人」の違いと、「有能な科学者」と「無能な科学者」の違い

『手紙屋』という本を読んだことはあるでしょうか?「主人公といっしょに働くことの意味を見つめ直す本」と帯に書いてあるとおり、働くこととは何か? について考えさせてくれるのはもちろん、時にハッとする言葉で、読み手の背中を押してくれる本です。その…

「努力は量でなく質」は正しいけど、多くの人は“勘違い”をして捉えている

「努力は量でなく質」誰のツイートだったかは書きませんが、今日の朝、そんなツイートを目にしました。 これ、ある意味で正しいのですが、多くの人が“勘違い”をして捉えているような気がしたので、僕なりの考えを書いてみたいと思います。 「努力の質とは何…

元々考えていた計画ではなく、「行動していく中で自然発生的に生まれた計画」を大切に

今日、こんなツイートをしました。『「計画をしないのが、俺の計画だ!」と、声を大にして言いたいけど、日本のビジネスシーンでは、まったく通用しないようだ…。当たり前か…』と。 そう、当たり前。何も考えずに行き当たりばったりで動くのではなく、どこを…

「見ている人は、ちゃんと見てくれている」と考えると、新しい一歩を踏み出す勇気が湧いてくる

「あなたのことなんて、誰も見ていないんだから、他人の目を気にしなくていい」そんなふうにアドバイスをしてくれる人がいます。確かに、他人の目を気にしすぎて、決断や行動ができなかったりする人も少なくないので、僕もこのアドバイスをすることもありま…

成長できない人はメモで終わり、成長する人は教科書をつくる

「大牧さんの話から何かを学び、自分の成長につなげたい」自分の部下や後輩だけでなく、そう言ってわざわざ会いに来てくれる人が、ごくごくたまにいたりします。僕もせっかくなので、そのときは惜しみなく、全力でアウトプットするのですが、どこまでお役に…

「とにかく難しく考える小心者」だった僕が、行動力を上げ、挑戦する勇気を生み出すためにやってきたこと

社会人になったばかりの頃の僕を、とてもシンプルにわかりやすく表現をすると、「とにかく難しく考える小心者」でした。そう、シンプルなことを、とにかく難しく、こねくり回して考える癖があって、小心者ゆえ、失敗する可能性ばかりを探すような…。だからこ…

「カバン持ち」の距離まで近づけ! ~僕がリモートワークをあまりオススメしない理由~

ニッポン手仕事図鑑には、九州から参戦してくれている大学生インターンがいます。インターネット環境も整備されて、使えるアプリやWEBサービスが増えたおかげで、お互いにストレスなく仕事ができるので、これからどんどん地方の学生さんを巻き込んでいけたら…

仕事のできない人間は、「2種類」に分かれる

最近は“トリガーフレーズ”にはまっていて、名言をよく紹介させていただいていますが、今日も「明日のエネルギーを生み出すになる名言」をひとつ、紹介してみたいと思います。アメリカの実業家である、サイラス・ハーマン・コッチュマー・カーティスという方…

6回以下の訪問は、行っていないのと同じ

先週末は、どっぷりと「経営」というものに向き合ってきました。こんなにも“自社以外”の経営について、脳を使ったことはいまだかつてなかったかもしれません…。本当に勉強になりました。今週末には、某大学の一室にこもらせていただき、中小企業やベンチャー…

「金がない…」を言い訳にする人と、アイデアを生み出す養分にする人

「金(予算)がない…」あるいは「時間がない…」「人が足りない…」と嘆きたくなるようなシーンに、日々多くのビジネスマンが遭遇していると思います。 特に僕らのような中小企業に勤めるビジネスマンは、あらゆるリソースに余裕がないので、いつもそんなこと…

瞬間的に「怖い…」という感情が芽生えることには、迷わずチャレンジをしてみる

明日の早朝、六本木ヒルズで月に1回開催されている「Hills Breakfast」というイベントに登壇します。 ここ最近、よく一緒にお仕事をさせていただいている製硯師の青栁貴史さんから「Hills Breakfastに、一緒に登壇してもらえませんか?」と打診されたことが…

あなたは今、自分の職務経歴書を、“毎月アップデート”できますか?

「motoさん」という方をご存知でしょうか?32歳のビジネスマンで、その若さですでに5社目のジョブホッパー(=転職を何度も繰り返すビジネスマンのこと)です。voicyで知って、同じサラリーマンとして30代のそのキャリア、働き方が面白く、twitterでもフォロ…

「わたし、これだけ頑張っているんだから、認めてほしい!」と思ったそのとき、実は頑張っていない(僕の場合)

「わたし、これだけ頑張っているんだから、認めてほしい!」そんなふうに思ったことはありますか? 僕はもちろん、あります。皆さんはどんなときに、そう思うでしょうか? ちょっと胸に手をあてて、振り返ってみてください。 僕は自分が頑張っていると自信を…

忙しい人ほど、サプライズを仕掛けるし、サプライズを仕掛けるからこそ、人気者になっていく

僕は少し前から、モンベルの「野筆セット」を持ち歩いています。製硯師の青栁貴史さんにオリジナルの硯をプレゼントしてもらったのもあるのですが、尊敬する鈴木敏夫さんの『禅とジブリ』を読んで、「やっぱり、書道って、毛筆っていいなぁ」と思い、“もう1…

面接時は“この質問”で、自主性と積極性を見極められる?

僕が今後、採用の面接をするときの“ネタばらし”になってしまうのですが…。 今年はじめて、新卒採用の一次面接を担当するという大手企業の社員の方に、少し前にこんな質問をされました。「面接するときって、どんな質問しています? 大牧さんなら、面白いこと…

不幸中に、“幸い”を見つけよう! とする姿勢の大切さ

ちょいちょい告知をしていましたが、本日正式に『ニッポンものづくりフィルムアワード』をリリースしました。去年の春から夏にかけて、ふと思いつきで「とりあえず、やってみよう!」と動き出してみた映像のコンペティション。他の業務の空き時間で進めてい…

習慣が変われば「行動」が変わり、習慣が変われば「人生」も変わる

習慣が変われば、行動が変わり、人生や運命も変わる。そんなメッセージを、誰でも1度や2度は聞いたことがあると思います。僕も人生の先輩たちから聞かされてきましたが、若い頃は正直、あまりピンと来ませんでした。そりゃ、習慣を変えて、人生を変えたいけ…