日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

明日の“実行力”の磨き方[ 7年間、毎日更新中!]

運気を引き寄せる、たったひとつの方法

今、オススメの1冊!

自分を変える1つの習慣

新年になると、「運気(を引き寄せる)」という言葉をよく耳にします。
去年までのあれこれを一旦忘れて、心機一転、新しい1年を頑張りたい。どうせなら去年以上にハッピーな1年にしたいので、運気を上げたいし、運気を引き寄せたい、と。それは誰でも同じだと思います。

 

でも、運気はお祈りをしたり、験担ぎをすれば、自然と上がっていくのかと言えば、やはりそうではありません。
いつもいつも同じようなことを書いているので、「またか…」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、結局は「行動」だと僕は考えています。

 

一昨日、最高の「朗報」が届きました。
まだ正式に確定していないので、今ここでハッキリとしたことが言えないので恐縮ですが、「1年間、大学の講師として、授業を受け持つ」「より深く、教育現場に関わっていく」という目標が、ようやく叶うところまで来たのです。

 

そんな朗報が、新年早々、“突然”届きました。
突然届いたからこそ、「新年早々、運がいいね!」「今年は運気が上がっているね!」と羨ましがる人もいると思います。でも僕からすると、「2年前からこの目標を定め、勉強したうえで、チャンスをもらいたい! と口に出し続けてきた“結果”でしかないのです。

 

そう、朗報は突然届きましたが、2年前から動いてきた結果でしかないのです。

 

「運気」とは、「数年前からの行動の結果」だと、いつも考えるようにしています。
だからこそ、僕はどんどん動いていきたい。「運気が上がってきているね!」と言われるような、朗報が届くことを願って。