自分の仕事は、自分でつくる

明日の仕事のヒントと、行動力の高め方

自分の「流れ」は、自分でつくる

今、オススメの1冊!

超ミニマル主義


「ここ最近、流れ(または運)が悪いなぁ…」と思うようなことはないでしょうか?
悪いときがあれば、いいときも必ずやってくるものですが、それでも不思議なもので、悪いときもいいときも、続くときはしばらく続いたりする…。本当に面白く、不思議なものです。悪いときが続くとキツいのですが…。

 

では、そんな流れをどのように変えていくか?
拍子抜けするくらいに当たり前のことを書きますが「今の自分の行動を変えていく」しかないと僕は考えています。“他人”はもちろん変えられないし、今の流れをつくった要因でもある“過去”も変えられない。変えることができるのは「今」であり、「自分自身」しかないのです。

 

僕もそんなに強くはないので、流れが悪いときはどうしても落ち込んでしまいます。でも、落ち込んだときこそ必ず癖のように思い出すのは、自分の「流れ」は自分でつくるしかないし、その流れは「今の自分の行動」でしか変えられないということ。

 

「相手や環境のせい」にして、「相手や環境への不満」ばかりに目を向けてしまうと、どうしても今の自分がやるべき行動が霞んでしまうもの。だから、変えられないものは仕方がないし、どうしようもないと割り切って、パッと捨てる(無理やり脳みその外に出す)。そうすると、今の自分ができることが見えてくるようになるのです。

 

「一気に解決できるか?」と考えると次の一歩は鈍くなりますが、「今の自分ができること、やれることはないか? 少しでも前に進めないか?」と考えると、次の一歩が軽くなる。そう、少しずつ今の自分の行動を変えて、いい流れをつくるのです。

 

今できる、小さなことを。