日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

1年後の仕事を、面白くする。[ 7年間、毎日更新中!]

「1%の投資」が、人生を変える 〜たかが1%、されど15分〜

1日は、24時間。
その24時間の「1%」は、さて何分でしょうか?

 

答えは、15分(正確には、14分24秒)。
たかが1%、されど15分なのです。

 

でも、1日のたった1%の時間さえも、自分のために投資できていない人は意外に多いものです。
これはよく言われていて、データも公表されていることですが、日本人は社会人になると全然勉強しません。昭和や平成の時代はそれでも何とか生き延び、逃げ切ることができましたが、令和のコロナ禍においては、それはほぼほぼ無理な話…。勉強せず、行動しなかった人の多くは、あとあとになって全力で後悔する時代なのです。

 

僕はこの7年間、毎日ブログを書き続けていますが、書くことの内容が固まったら、記事はパパっと15分程度で書いてしまいます(ろくに推敲もしないので、誤字脱字が多い…)。そう、これも1%の投資。その他にも別の勉強や経験のために「1%の投資」をしていて、今年も新たなことに「1%の投資」をしようと考えています(もちろん、そこにはやめることもあります)。

 

たった15分という「1%の投資」を続けたことによって、人生が変わることもある。僕は今まで、そういう人を多く見てきました。でもきっと、読者の皆さんの中には、時間について真剣に考えていなかったり、誰かに時間を奪われ続けたりして、「1%の投資」ができていない人も多いと思いますが、それは本当にもったいない…。

 

なので今年は、人生を変える…とまではいかなくても、よりよい毎日を過ごせるために、よりよい仕事ができるようになるために、「1%の投資」をしてみましょう。もちろん、仕事だけでなく、プライベートに投資するもよし。僕は健康や趣味に「1%の投資」をしていきたいと考えています。

 

皆さんは今年、限られた時間という資産の1%を、どこに投資しますか?