日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

1年後の仕事を、面白くする。[ 7年間、毎日更新中!]

自転車に乗ってみる前に、自転車に乗れるようになろうとする人

自転車という乗り物は、1度乗ってみないと、“乗れるようにはならない”ものです。

 

「えっ? 何言っているの? 当たり前でしょ?」

 

あちらこちらから一斉に、そんな声が聞こえてきましたが…そう、当たり前のこと。
これは自転車だけではなく、そして子ども、大人を問わず、新たにはじめることすべてに言えます。もちろん、ビジネスも同じ。

 

でも、なぜかビジネスにおいては、まず1度やってみる前から、できるようになろうと考えてしまう人が多い。言い方を変えると、やってみる前からできるようになれると思い込み、いつまでも考え、悩み続け、“動か(け)ない”人が多いとも言えます。

 

僕は最近、意識的に「はじめてやってみること」を取り入れるようにしています。
これも当たり前のことですが、「はじめてやってみること」は思い通りにはいきません。いつも以上に考え、いつも以上にあれこれと調べる必要が出てくるし、いつも以上に動かないといけない。そして、いつも以上に失敗するので、結果的にいつも以上に気づきや学びがある。

 

「1度やってみて、わかっていること」に比べて、「はじめてやってみること」は頭の使い方が全然違いますし、自分の弱いメンタル面も鍛え直してくれる。とても良いトレーニングになるのです。だから僕は定期的に、「はじめてやってみること」を取り入れるようにしているのです。それを意識してやっていないと、新しいものを受け入れる柔軟性もなくなり、新しいものを受け入れることさえも億劫になってしまう。当然、成長も止まってしまうわけです。

 

「1度やってみて、わかっていること」を続けていたほうが楽ですが、自分自身のメンテナンスも兼ねて、「はじめてやってみること」を取り入れてみましょう。やってみる前からできるようになることなんて、ほとんどないのですから。