自分の仕事は、自分でつくる

明日の仕事のヒントと、行動力の高め方

「3000記事目」という節目で、今思うこと

今、オススメの1冊!

超ミニマル主義


このブログは今日と明日、「節目」を迎えます。まずは今日迎える節目の話から(と言いつつ、もうタイトルに書いてしまっていますが…)。

 

このブログは2013年8月に開設して、2014年10月から毎日連続更新を続けてきました。
そして、今日の記事が累計で節目の3000記事目。「コツコツ」と続けてきましたが、小さな「コツコツ」も3000記事にもなると、我ながらよく続けてきたものだと思います。ブログを続けてきたことで本当にいろいろな出会いやチャンスを与えてもらえたし、こんなにも得られるものが大きいものなのかというのは、2013年の僕にはその10分の1も想像できなかったことでした。

 

明日、僕は45歳になります。
今まで以上に気力は充実していて、仕事が楽しい半面、どうしても人生の残り時間を意識してしまったり、まだまだ体力が落ちてきた実感は少ないものの、体力面の不安を意識してしまう年齢になったのは事実です。いつまで今の勢いで動き続けられるんだろうと、ふとそんなことを考えたりもします。それでも、僕が憧れる50代は今の僕と変わらずに動き続けているので、なんだかんだで今と変わらずにやっているのかもしれないなぁと、楽観的に考えていたりもするのですが…。

 

そんなモヤモヤの中で「まだまだやれるはずだ!」「きっとできる!」「やればできる!」と未来の自分を心から信じ、応援できるのは、「ブログを続けられた」という事実が本当に大きいと思います。その事実がいつも僕の背中を押してくれて、心の支えになっているのです。改めて今思うのは、ブログを続けていなければ、僕の人生は大きく変わっていたと断言できます。だから、ブログを書くという環境を提供してくれているはてなブログさんにも、2013年にブログをはじめた自分にも感謝しています。

 

とにもかくにも、読んでくれる皆さんがいたからこその、節目の3000記事。
本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

 

で、明日の節目の話は…また明日に。