自分の仕事は、自分でつくる

明日の仕事のヒントと、行動力の高め方

自分のパフォーマンスを最大限に発揮するために、僕がやっていること

今、オススメの1冊!

超ミニマル主義


「自分のパフォーマンスを最大限に発揮する」
書くと簡単ですが、実行するのは難しいものです。

 

皆さんは自分のパフォーマンスを最大限に発揮するために、どんなことをやっているでしょうか? ブログのコメントやツイッターのDMなどで教えていただけると嬉しいです(勝手にネタにはしませんので…)。

 

自分のパフォーマンスを最大限に発揮するために、僕自身もいくつかやっていることがありますが、今日はその中のひとつを紹介してみたいと思います。
それが、「頭の中の情報を、すべて書き出す」こと。

 

頭の中に情報(予定、課題、アイデア、タスクなど)が詰まり過ぎているとき、そちらに意識が持っていかれて思考も浅くなり、頭の回転(キレ)も悪くなります。だからこそ、特にパフォーマンスを発揮したいときは、脳内メモリに入っている情報をすべて書き出して、一旦頭の中から追い出すのです。

 

では、どうやっているかというと、脳内に入っている文字情報を、アプリとノートに書き出します。
書き出す先は、大きく6つあります。

・スケジュール帳
・ハードカバーの少し小さめの黒ノート
・ダイソーのB5サイズの茶色ノート
・メモ(Mac&iPhoneアプリ)
・Bear(Mac&iPhoneアプリ)
・Captio(メールを送信するだけのアプリ)

スケジュール帳には「重要タスク&直近の課題」、12.7cm×21cmサイズの黒ノートには「アイデアやチャレンジしたこと」、ダイソーのB5ノートには「思考のモヤモヤ」、メモは「備忘録」、Bearは「原稿&情報」、Captioは「重要度の低い“すぐやるタスク”」と、ざっくりとそんな感じです。

 

とにかく「吐き出す」ことで、頭の中から情報を出す。これをやるのとやらないのでは、僕のパフォーマンスは大きく変わってくる。あまりに違いすぎるので、この作業をとても大事にしています。「ちょっと最近、パフォーマンスが落ちてるなぁ」と感じている人は、自分のパフォーマンスは、どんなことで落ちるのか? 何をすれば上がるのか? をぜひ改めて考えてみることをオススメします。