日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

7年8ヶ月、毎日連続更新中!

「仕事がなかなか終わらない…」「仕事のスピードが遅い…」と悩んでいる人は、“ここ”に原因があるかも?

僕の周囲にも、「仕事がなかなか終わらない…」「仕事のスピードが遅い…」と悩んでいる人が結構います。
理由はいくつもあると思いますが、よくある原因のひとつが「いきなり100点満点のものを仕上げようとする」です。

 

「100点満点のものを仕上げよう」というアプローチで仕事を捉えると、迷うのは当たり前で、どうしても途中で何度も手が止まってしまいます。結果、「仕事が終わらない…」と悩むのはもちろん、「仕事のスピードが遅い!」と周囲から評価されてしまったりする。

 

僕は結構、仕事が早いと言われます。
なぜ早いかというと、まずは30点レベルで完成させて、それを50点、60点、70点…と段階的に磨き上げていくからです。最初から100点満点を目指すアプローチで仕事をしていたら、間違いなくスピードは落ちるし、仕事はなかなか終わらない。だから「30点レベルで、まず仕上げる」ことが大事なのです。

 

ちなみに僕はこのブログの記事を、「いつかのビジネス書の下書きである」という気持ちで書いています。だから誤字脱字が多いのも仕方ないのです…という言い訳はさておき、そのほうが書くスピードも上がるし、より良い記事に仕上げようとするときも(ブログではやりませんが…)1度書き終えた記事を詰めていったほうがクオリティは高くなる。そして、このアプローチのほうが、無理なく続けられるのです。そう、この考え方は「続けるコツ」でもあるのです。

 

いきなり100点満点ではなく、まずは30点で仕上げる。仕事のスピードを上げていくためにも、仕事のクオリティを高めていくためにも、僕は大事なことだと考えています。