日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

7年8ヶ月、毎日連続更新中!

会社の愚痴をSNSで拡散することは、自分の未来を潰すことでもある

会社に対する愚痴は、誰にでもあることです。僕は今、経営者のポジションにいるので、「会社の愚痴は、自分の責任」でしかないのですが、20代や30代の前半くらいまでは、所属していた会社に対して愚痴ったことは何度もあります。

 

だから、今の20代や30代に対して、「会社の愚痴を言うな!」というつもりもなく、「我慢しろ!」というつもりもありません。ただ、ひとつだけハッキリと、そして強く言いたいのは、たくさんの人の前では言うな!(=自分のことを、ちゃんと冷静に見てくれる人だけにしておけ!) SNSでむやみに拡散させるな! ということです。

 

なぜか?
多くの人に対して“愚痴を拡散する”あなたに対して、実は多くの人がガッカリしているし、そういう評価をするからです。もっと書くと、一緒に仕事をしたいと思っていた人からも、距離を置かれる可能性がある。そう、拡散することで、実は自分の未来を潰していることがある。良いことは何もないのです。

 

繰り返しになりますが、愚痴ってもいいとは思うのです。
ただ、それはパッと愚痴って発散させて終わりにしたほうがいいし、愚痴る相手も自分のことを理解して、正しいときは褒めてくれて、間違っているときは怒ってくれる人だけにしたほうがいい。さらに書くと、「愚痴<未来へのポジティブな話」の人のほうが、周囲の人たちは一緒に仕事をしたいと思うし、チャンスも巡ってくる。そして、自分自身もメンタルが安定するのです。

 

会社の愚痴をSNSで拡散して、自分でも無意識のうちに自分の未来を潰している人がいるので、「ちょっともったいないなぁ」と思い、今日はこんな記事を書いてみました。届いてほしい。