自分の仕事は、自分でつくる

明日の仕事のヒントと、行動力の高め方

“痛み”の原因はいつも、見抜きづらいところにあったりする

今、オススメの1冊!

超ミニマル主義


新幹線や飛行機での長距離移動や、長時間におよぶ職人本のオンライン取材…。そんな日々を続けていたら体がバキバキになるのは当然のことで、ここ最近は首の調子がすこぶる悪い…。その痛みが集中力を奪い、睡眠の質を下げて体力さえも奪っていくので、僕は今日、オススメされたカイロプラクティックへ行ってきました。

 

完全に治癒…とまでは当然いきませんが、痛みも和らぎ、首の可動域も広くなりました。ついでにサウナにも寄ってきたので、今日は久々にゆっくり眠れるのではないかと期待しています。

 

で、今日の本題。
症状としては首の痛みではあるのですが、先生が時間をかけて僕の悲鳴をあげる肉体を診断した結果、原因は首以外にありました。僕の場合は腰に要因があったのです。言い換えると、首のマッサージだけしていても改善できない問題だったのです。

 

僕は先生から説明を受けているとき、「これはビジネスと同じだよなぁ」と、ついつい職業病的にそんなことを考えていました。そう、ビジネスでも上手くいかない原因は、現れている症状からは見抜きづらいところにあったりする。

 

仕事が上手くいかず、どこに原因があるかを探し、“治療(改善)”しようとあれこれとやってみたものの上手くいかないと悩み続ける人は少なくないと思います。そんなときはひとりで悩み続けず、経験豊富な人に症状を打ち明けてみましょう。きっと、カイロプラクターのように、すぐに効果が実感できる治療をしてくれるだけでなく、その後の運動(トレーニング)や栄養(インプット)のアドバイスもしてくれるはずです。

 

自分で考え抜こう! 試行錯誤してみよう! と考えてみることも大事ですが、症状や悩みを打ち明けて、早めに“施術”してもらうことも大事。ちなみに僕はどんな問題もひとりで考え、解決していくというような逞しい人に見られがちですが、ビジネスにおいても信頼できる人にすぐに相談するようにしています(甘えます)。そう、それが何よりも早く、“痛み”を改善できる方法ですから。