日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

1年後の仕事を、面白くする。[ 7年間、毎日更新中!]

七走一坐 〜「走り続けない」が、僕のマイルール〜

子ども向け職人本の出版に向けて、現在オンラインで職人さんに取材を続けています。
いくつもの質問を投げかけ、職人さんたちが上手く言語化できないときは一緒に掘り下げながら、長いときは3時間のインタビューになることもあります。

 

その中で、僕が職人さんに必ず聞いている質問のひとつ。
「仕事をする上で自分自身と約束をしている『マイルール』は何ですか?」

 

やはり皆さん、それぞれにそれぞれのマイルールがあり、どストレートなマイルールもあれば、変化球的なマイルールもあったりして、とても面白い。

 

で、そのあたりは書籍のネタなので、ここでは伏せさせていただきますが(すみません…)、僕自身のマイルールは何か? 僕に対して、ストイックでがむしゃらに突っ走り続けるイメージを持たれている人も結構いたりしますが、僕は「走り続けない」がマイルールだったりします。

 

ひと言でわかりやすく表現すると、「七走一坐」。
これは禅語のひとつなのですが、「7回走ったら、1回座ってみよう」という意味です。

 

つまり、ひらすらに走り続けるだけでなく、時にしっかりと立ち止まり、仕事もプライベートも冷静に分析と軌道修正をしつつ、また夢や目標に向かって走り出すということです。そう、そのほうが結果的に人生は豊かになるし、仕事も面白くなると考えています。このブログでもよく「ひとり戦略会議」という言葉を出していますが、まさにそれ。動きながら考えることも大事ですが、走り続けていると、見えなくこともある。だから7回に1回くらい、座ってみる(止まって考える)ことも大事なのです。

 

なんだかんだで日々忙しく、全力疾走ではなく、ダラダラと走り続けてしまっている人も結構いたりします。
そんなときこそ「七走一坐」。立ち止まってみましょう。