日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

1年後の仕事を、面白くする。[ 7年間、毎日更新中!]

新卒社員に覚えておいてもらいたい、ビジネスで一番大事なこと

仕事の報酬は、次の仕事。
僕は日々、そう考えて仕事をしています。だからこそ、自分の未来のためにも、目の前の仕事の結果をストイックに求めるのです。

 

というわけでニッポン手仕事図鑑では「ひとつひとつ丁寧に仕事をして、結果を出す」を大事にしているわけですが、すでに決まっている次の仕事を失ってしまうくらいのミスを、久々に起こしてしまいました…。丁寧さが欠けていたことで、喜んでくれた方々の信頼を失いかねないミスで…。

 

でも、起きてしまったミスをウダウダと悔やんだところで、何の意味もない。
僕が取った行動はすごくシンプルで、すぐに本来対応するべきだった行動を取り、迷惑をかけた人たちひとりひとりに電話を入れて謝罪すること。そう、丁寧に事情を説明して、真摯に謝罪をする。

 

結果的に「もったいないよね、こんなつまらないことで。でも、また一緒にやろう!」「事情はよくわかった。わざわざありがとうね!」と、何とかギリギリのところで信頼を失わずに済みましたし、中には今までより僕らを信頼してくれたという方もいらっしゃいました。

 

ミスを起こしたときに一番大事なのは、すぐに動いて対応すること。迷わず、立ち止まらずに、すぐに動くこと。ミスについての説明をすぐにして、真摯に丁寧にお詫びをすること。これに尽きます。

 

信頼を失うミスは起こさないほうがいいのは当然ですが、もし信頼を失うミスを起こしてしまったときには「すぐ」「丁寧に」「真摯に」が大事。信頼を失わずに済むことにもつながりますし、結果的に“ミスを起こす前よりも、信頼関係が築けている”ケースも少なくないからです。

 

繰り返しますが、信頼を失うミスは起こさないほうがいい。でも、起きてしまったとしても自分の行動次第ではプラスに変えることもできる。そう、すぐに、丁寧に、真摯に対応をすることで。
社内外を問わず、僕が新卒で頑張っている社員の皆さんに覚えておいてもらいたい、ビジネスで一番だと言えるくらいに大事なことの話でした。