自分の仕事は、自分でつくる

明日の仕事のヒントと、行動力の高め方

瞬間的に誰でも緊張を取り除ける方法 〜そうか! だから僕は、人前で話すときに緊張しなくなったのか! という話〜

今、オススメの1冊!

超ミニマル主義


先週末に宿泊したホテルのテレビ。ちゃんと電源も入って、音量も調整できるのに、なぜかチャンネルだけが変えられず…。というわけでテレビを諦め、ダラダラとYouTubeを観ていたのですが、ある精神科医の動画がオススメで表示され、とても興味深い内容だったので、再生ボタンを押してみました(すみません、その映像がわからず…)

 

動画の内容は、「瞬間的に誰でも緊張を取り除ける方法 」。
とても面白い内容だったので、今日は共有してみたいと思います。

 

その先生が語っていた「瞬間的に誰でも緊張を取り除ける方法 」はシンプルかつ簡単で、「姿勢を正す」“だけ”でした。

 

姿勢を正す(背筋をピンっと伸ばす)と、セロトニンが活性化するそうです。そう、姿勢がセロトニンをコントロールしてくれて、過剰な不安や緊張を正常に戻してくれる。ちなみに、寝不足が精神面に良くないと言われるのは、セロトニンが不足して不安や緊張が大きくなるからです。

 

つまり、セロトニンのコントロールができる(意識的に増加させることができる)と、緊張を制御できるようになる。そのために欠かせないのが、「姿勢」なのです。

 

人は緊張すると、必ず前かがみになったり、猫背になっている。それがセロトニンを下げてしまうそうです。だからこそ、大事な場面のときほど、意識して姿勢を正してみる。それだけで緊張や不安を取り除けるようになるそうです。

 

それを聞いて、僕は「なるほど! だから人前に立つだけで吐きそうになっていた自分が、あまり緊張しなくなったのか!」と腹落ちしました。

 

僕はほぼクセのように、背中を反らせて、左右の肩甲骨をくっつけるようなストレッチをしています。もちろん、これからイベントで登壇する、大事なプレゼンがある、という場面などでいつも。そう、本番直前まで。無意識に姿勢を正していて、結果的に過剰な緊張を取り除いていたんだな、と。

 

大事な場面ほど、「姿勢を正す」。
ただそれだけで、そのあとの結果が劇的に変わるかもしれません。お試しあれ。