日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

1年後の仕事を、面白くする。[ 7年間、毎日更新中!]

あれこれやろうとする人は、「一番大事なことで、結果を出す」から、逃げている人

少し厳しい言い方になりますが、結果を出すことから逃げている人は、言い訳できる余地を用意します。わかりやすい例を挙げると、あれもこれもとやろうとすること。あれこれと“仕事をやっている感”も出せるし、「あれもこれもやっていて、忙しくて時間がないから、結果が出ないのは仕方がない」と言い訳(=自己防衛)もできる。

 

これは、完全に「逃げ」です(またまた厳しい言い方になりますが…)。

 

一番大事で、大きな成果(利益や信頼など)に結びつく“ひとつのこと”に絞って、結果を出せばいい。それで文句を言う会社(環境)なら、正直その会社に未来はないから、早々に次のステージへ行ってしまったほうがいいです。

 

「そもそも、一番大事なこと(=成果が出せること)が何かわからないから、絞り込むことができない…」という人も、やっぱり「逃げ」と言わざるを得ません。結果から逃げず、結果を出している人は、日々必死に、それこそ死ぬほどに「何が一番大事か? 何で結果を出せばいいのか?」を考えているからです。

 

僕は今、伝統工芸(ニッポン手仕事図鑑)に関するプロジェクトを、あれもこれもとやろうとしています。一番大事なことが、見えにくくなっています…。さらには、その慌ただしさを言い訳にして、結果的に「結果から逃げてしまっている」ところもあったり…。

 

そう、つまり今日の記事は、ちょっと言い訳しがちになっている、自分自身へのメッセージ。忙しくて、弱気になって、ちょっと逃げたくなってしまったときほど、僕はこんなふうに振り返りながら“一番大事なことを再確認して”、やるべきことを明確にする時間をつくります。それが、明日からのエネルギー、モチベーションになるから。