日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

1年後の仕事を、面白くする。[ 7年間、毎日更新中!]

「信用されない人って、どんな特徴があると思いますか?」という質問に対する答え

先日20代のビジネスマンから、「周囲から信用されない人って、どんな特徴があると思いますか?」という質問をされました。
そんな質問をされたとき、皆さんはどのような人を思い浮かべるでしょうか?

 

すぐに言い訳をする人。
人によって態度を変える人。
陰口や嘘を言う人。
約束を守らない人。
口だけで行動をしない人。

 

おそらく、こんなことが挙げられると思います。そして、自分にもちょっと当てはまることがあって、ドキッとしたり…。

 

僕自身、これらのことを完璧にできているとは、正直言えません。でも、できる限り周囲の人からの信用を失いたくはないので、なるべくそうならないように気をつけていますが、特に気をつけていることは何か? と聞かれたら、僕はこのように答えます。

 

「自分自身で防げる失敗やミスを、2度3度と繰り返さないこと」

 

全力でやった結果として上手くいかなかったことは、失敗やミスではありません。むしろ評価されるべきことで、そこで評価を落としたり、信用を失うことはありません。あくまでも自分自身の工夫や行動によって“防ぐことのできる”失敗やミスを繰り返さないこと。

 

自分が20代だった頃を振り返ってみると、やはり信用を失ってしまったときは、“防ぐことのできる”失敗やミスを繰り返したとき。つまり、ただの怠慢。最後には「もう、何を言っても無駄だよね…」と諦められてしまい、「結局、やる気がないんでしょ?」とさえ思われて、新しいチャンスも巡ってこなくなる。

 

信用とは、大きな成果を出すことでなく、1度指摘されたことを、次はしっかりとやること。当たり前のことを、当たり前にやることなのです。
と、ここまで書いておきながら偉そうに言えない自分もいるわけですが、信用されない人にならないよう、自分自身の工夫や行動によって“防ぐことのできる”失敗やミスを、繰り返さないようにしていきたいと思います。