自分の仕事は、自分でつくる

すべてを引き寄せる、「実行力」の磨き方

あなたが成長できないのは、ダメ人間だからでもなく、会社や上司が悪いわけでもない

「日々、忙しく仕事をしているから、きっとわたしは成長できるはずだ!」

 

こんなふうに考えているビジネスマンは少なくありません。いや、むしろ多いのではないでしょうか。
ただ、このフレーズに対する僕の答えは、完全に「ノー」です。

 

たとえば、手術を行うドクター。
毎日慌ただしいスケジュールの中で手術だけをこなしていても、自分が求めているスピードで技術は上がっていかないし、ドクターとしての人間的な成長スピードも遅い。
自分が求めているスピードで技術やメンタル面を向上していくためには勉強や研究が必要ですし、手術前後の患者さんのケアについても学ばなければならない。最新の機器や技術についてもインプットしなければならないし、手術中のスタッフのマネジメントもきっと学んでいると思います。「毎日毎日、とにかく手術をこなしているから、成長できるはずだ!」とはならないわけです。

 

同様のことはすべての職業で言えることですが、でも、冒頭のフレーズを自分自身に言い聞かせている人は多いのです…。そして、結果的に「なぜ、こんなに仕事をしているのに成長できないんだろう…きっと、わたしはダメな人間なんだ…」と自己嫌悪に陥ったり、逆に「こんなに仕事をしているのに…きっと、会社や上司が悪いんだ!」と怒りの矛先が他者へ行ってしまったりするのです。

 

そう、もし自分の思い通りに成長できていなかったとしたら、それはダメ人間でもなく、会社や上司が悪いのでもなく、あなたが勉強していないだけ。勉強が足りていないだけであることがほとんどなのです。

 

日々慌ただしく仕事だけをやっていても成長はできない。大切なのは、努力の矛先を間違えずに行う「勉強」なのです。
あなたが今日、勉強した時間はどのくらいだったでしょうか?