日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

明日のヒントと、実行力の磨き方[7年間、毎日更新中!]

保存版「たった15分で集中力を上げる『3つの方法』」

たかが15分、されど15分。
15分あれば、「ちょっと集中力が落ちてしまったなぁ…」という自分の集中力をもう1度上げることができます。

 

今日は僕が実践していて、個人的に効果を感じている方法を3つ共有したいと思います。

 

まずひとつ目は、数日前の記事にも書きましたが、「15分に1度、体を動かす」です。
人は15分以上座りっぱなしだと、集中力が落ちてきます。立って、体を動かすことで脳に刺激が伝わり、集中力が上がる。ちなみに1日6時間椅子に座る生活をしている人は、体を動かす習慣があっても、1日3時間しか座らない人に比べて死亡リスク40%増えるという研究結果もあるそうです。そう、立つことは大事。

 

ふたつ目は「15分のパワーナップ」です。
「パワーナップ」は仮眠とされていますが、たとえ眠らなくても、光と目から入ってくる情報を遮断するだけで効果があります。僕は目をつむっているという状態を維持するのが苦手なので、必ずアイマスクをしています。15分のパワーナップは夜間の3時間くらいの睡眠に匹敵すると言われ、落ちていた集中力を戻してくれます。

 

最後のみっつ目は「15分のタイピング」です。
集中力が下がってしまったとき、あるいはやる気がちょっとなくなってしまったとき、手(指先)を動かすことで集中力とやる気が戻ってきます。これは集中力が落ちてきたときだけでなく、朝イチの自分のエンジンをかけるためにも有効な手段です。

 

というわけで、明日からできる「たった15分で集中力を上げる『3つの方法』」でした。
3つ試してみると、ひとつくらいはぴったりの方法があるかも。物は試しです。ぜひ1度、やってみてください。