自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

頭皮のコリをほぐす、ズボラな40代のための“とっておきグッズ” 〜「若さ」と「集中力」を保つエクササイズ

【リニューアルしました!】ぜひお聴きください!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

今、オススメの1冊!

最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方

「どんなケアをしているんですか?」
43歳という年齢の割には、比較的若く見られることもあり、ちょくちょくとそんなことを聞かれたりします。

 

正直、乳液や化粧水はもちろん、洗顔フォームすらも一切使っていないので、アドバイスできることはほぼないのですが、「あっ、でも、これは意外に“効いている”のかもしれない…」と思ったことがあったので、今日は書いてみたいと思います。

 

それは、「頭皮のマッサージ」。

 

頭皮が硬くなる(=コリ)ということすら認識していない人もいるようですが、頭皮が硬くなると、思わぬところに影響するものなのです。

 

どんなところに影響するかというと、よく知られているところでは、肩や首のコリ、頭痛の原因となります。また、頭蓋骨を包み込む筋肉が硬くなって血液の循環が悪くなることで、脳から適切な信号を送りにくくなり、イライラしたり、「集中力」を低下させる原因にもなったりするそうです。

 

さらに書くと、恐ろしいことに抜け毛や薄毛、何と白髪の原因にもなったりするし、僕が特に最近気にしている「顔のたるみ」にも影響するのです。だから僕は、ズボラでケアというケアはしていないのですが、見た目の若さはもちろん、睡眠の質を上げて、仕事の集中力を上げるためにも「頭皮のマッサージ」だけはやっていたりします。

 

では、どんなふうにやっているか?

 

ネットで調べてみるといろいろなやり方が出てきますが、僕はいただきものの(ちょっと上質な)『美顔ローラー』を使っています。
それを寝る前に10〜15分ほど、音声メディアなどを聴きながら、コロコロと転がす。これをやるだけで頭もスッキリするし、気持ちよく眠ることができるのです。

 

頭皮のコリは、意外とバカにできない。「若さ」と「集中力」を保つために、1日10分のコロコロをオススメします。特に40代の皆さまには。