自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

心に響かないプレゼンをする人

ラジオ番組もやっています!(リニューアル準備中)
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

今、オススメの1冊!

100案思考 「書けない」「思いつかない」「通らない」がなくなる

ニッポン手仕事図鑑は今、自治体や民間企業を問わず、さまざまな地域の方にプレゼンをしています。そして逆に、自治体や民間企業はもちろん、個人の方からもプレゼンをされる機会も増えてきました。

 

そんな中で今、強く、強く思うこと。

 

今日のブログのタイトルは「心に響かないプレゼンをする人」と、少しキツめの表現にしましたが、心に響かないプレゼンをする人にはひとつ、明確な共通点があります。そして、僕自身はもちろん、ニッポン手仕事図鑑のメンバーがプレゼンをして失敗するときも、例外なくこの共通点が当てはまったりします。

 

それは何か?

 

遠回しなところから入っていきますが、「心に響かないプレゼンをする人」のプレゼンは「ワクワクしない」し、そもそも「関心が持てない(=興味が湧かない)」のです。では、なぜワクワクしないし、関心が持てないかというと…。

 

プレゼンする人が、相手に“興味を持っていない”からです。

 

自分たちのことは知ってほしいのに、プレゼンを聞いてもらう相手のことを知らない。もっと書くと、情報として知ってはいるものの、興味を持っているとは言えないレベルだったりする。そう、『相手にワクワクしていないと、相手がワクワクする』プレゼンなんてできないのです。

 

提案する相手に、そして、自分が真剣に考えて、これから提案する企画にワクワクしていますか? そこにワクワクがなければ、相手の心に響くプレゼンはできないと、僕は強く自分に言い聞かせながら、日々の仕事をしていたりします。できていないときも多々あったりするのですが…。