自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「◯◯」を変えれば、未来は大きく変わる

【リニューアルしました!】ぜひお聴きください!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

今、オススメの1冊!

プロセスエコノミー あなたの物語が価値になる

僕はちょっとした“言葉選び”で、日々の行動はもちろん、「その先にある結果や未来が大きく変わる!」と考えているタイプです。文章を書くことをすべての仕事の中心としているので、言葉が持つ力を人一倍、信じているところがあったりします。

 

その中で僕が日々意識していることのひとつが、これ。

 

いつも通りのプレゼンではなく、いつも以上のプレゼンを。
いつも通りの企画書ではなく、いつも以上の企画書を。
いつも通りの提案ではなく、いつも以上の提案を。

 

そう、いつも“通り”ではなく、いつも“以上”を常に考えること。

 

だから、同じことを惰性で続けず、新しいチャレンジや実験を続けているのです。「いつも」に続く言葉を「通り」ではなく「以上」に変えることで得られる学びや気付きが多く、明日の行動や結果が大きく変わると信じているからです。たとえ、いつも“以上”を目指した結果、いつも“通り”の結果を下回ったとしても、そのときの経験が「いつかの、いつも“以上”」につながると思っているのです。少しかっこつけすぎなような気もしますが…。でも、本気でそう思っています。

 

「いつも“通り”をやめて、いつも“以上”を目指す」
たった1mmだけでも、前回より成長するために、世の中に貢献するために、楽しく仕事をするために、より高い結果を出すために。大事な仕事に取り掛かる前に、自分自身に対してひと言つぶやいてみる。「いつも以上」という言葉を選び、意識し続けるだけで、明日が大きく変わると僕は信じています。