日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

明日のヒントと、実行力の磨き方[7年間、毎日更新中!]

2021年は「いきぬく」を大事にする!

毎年毎年、個人のスローガンを掲げ、手帳に書き込んでいます。その話はまた改めて書くとして…(書くかは未定ですが…)。スローガンとまではいきませんが、2021年、僕が“より”大事にしたいと思っていることを、大晦日の今日、書いてみたいと思います(誰も読んでいないと思いますが…)。

 

それは、「生き抜く」ために「息抜く」こと。

 

新型コロナウイルスが蔓延している世界は今もなお、やっぱり過酷な状況にあって、心が削られることが少なくありません。精神的な体力が今まで以上に大事な時代です。

 

そんな厳しい時代を“生き抜く”ためには、心と体が健全な状態で、攻めるときに一気に攻めていけるエネルギーがないといけません。そのエネルギーをしっかりとチャージするために、僕は“息抜く”ことを忘れず、むしろ大切にしていきたい。心に余裕がないと自分にも他人にも優しくなれないですし、必死に走り続けていると、止まることすらも忘れてしまうタイプなので…。

 

少し前にも書きましたが、僕が2014年10月から2020年の大晦日の今日まで、毎日このブログを更新できているのも、そして、『ニッポン手仕事図鑑』や『スコップ』を立ち上げ、さまざまなプロジェクトを動かすことができているのも、(もちろん、何よりも支えてくれた人たちのおかげではあるのですが)心と体を少なからず、健康な状態で維持できているからです。

 

厳しい時代を生き抜くために、しっかりと息を抜いていく。
素敵な仲間を巻き込みながら、勝負どころで全力疾走できる自分を維持していくためには、本当に大切なことです。

 

世界が予想しない方向に動き、たくさんの笑顔が失われた2020年も、あとわずか。
2021年は、たくさんの笑顔があふれる1年になりますように。
今年1年、本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いします!