日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

明日のヒントと、実行力の磨き方[7年間、毎日更新中!]

尊敬される人間性を兼ね備えた「40代の共通点」

40代になった人の、きっと10人中9人が感じているであろうこと。それは、「意外に中身は、20代の(学生の)頃から変わっていない…」ということ。たぶん、皆さん、そう思っていますよね?

 

でも、世の中はだからと言って甘えさせてくれることはなく、そこそこ経験を積んだ年代なので、大きな責任を背負わせてくるし、期待もしてくる…。僕は20代よりも30代のほうが数百倍面白いとよく言っていて、今のところ40代は、その30代よりもさらに面白い時間を過ごさせていただいていますが、40代は責任だけでなく、尊敬される人間であれ! と言わんばかりに人間性までも求められる、なかなか難しいお年頃でもあったりするのです。

 

それはさておき、周囲から求められる以上、40代になったら「尊敬」とまでは言えなくても、信頼されたり、共感される人間性は身につけたいもの。
では、どうすればいいのか?

 

尊敬される人間性を兼ね備えた40代には、「ひとつの共通点」があると僕は考えています。
結論から書くと、「自分が心から尊敬できる『下の世代(自分より年下)の人』と、つながっている数が多い」ということです(注:知っている数ではありません)。

 

尊敬できる“年下の数”が多いということは、相手を認める素直さを持っていることが絶対条件ですし、下の世代とつながれるということは、日々感度よくアンテナを張っていないと難しい。もちろん、下の世代の人たちがつながりたいと思ってくれるだけの理由(スキルや気持ちのいいコミュニケーション)もないといけない。そう、いろいろな要素が必要になります。僕が尊敬する40代には、そんな共通点がある。だから、人間力が磨かれていき、尊敬される40代に“進化していく”のだと思うのです。

 

僕も正直、人間性という意味ではまだまだなので(とはいえ、伸びしろはあると自分で自分を信じてあげています…)、下の世代の人につながりたいと思ってもらえるように、もっと素直に、もっとアンテナの感度よく、日々大事に丁寧に、過ごしていきたいと考えています。