自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

その「1.2倍」を意識するだけで、集中力は高まり、目の前の不安も小さくなる

今、読んでおくべき本【随時更新】


優れたリーダーはみな小心者である。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

過去記事を調べてみると、2018年にも1度書いたことがあったのですが、僕はいつも心の片隅に、「1.2倍」という数値を置いています。自分に集中力がなくなっていたり、思考がネガティブになっているときほど、その「1.2倍」を意識するようにしています。

 

で、何を「1.2倍」にするのか?

 

たとえば、『人と話すときの声を、「1.2倍」大きくする』を意識してみる。『メールの返信や企画書を書くスピードを、「1.2倍」早くする』を意識してみる。『自分が挑戦することのハードルの高さを、「1.2倍」高くする』を意識してみる。『自分の仕事の量を、「1.2倍」増やす』を意識してみる。そんな感じです。

 

その「1.2倍」を意識するだけで、“ほどよく力める(=力が入る)”のです。
もう少しわかりやすく書くと、「ウォーミングアップを終えた状態」をキープできる。

 

だから、急に「今だ! 行こう!」とチャンスが来ても全力で走れるし、集中力も高まっている。気持ちも少し昂ぶっているので、目の前の敵が大きく、不安な気持ちが芽生えても、向かっていくテンション=ポジティブな精神状態になっていたりもする。そう、そしてその空気は、周囲の人にもしっかりと伝わる。

 

この状態をキープするために、「1.2倍」を意識するのです。
もちろん、この状態をずっとキープしておくのは難しいし、むしろ止めたほうがいいのですが、「1.2倍」を意識する習慣ができると、クールダウンも上手くなってくるから、不思議なものです。

 

ビジネスマンも、チャンスは急にやってくる。でも、スポーツ選手と同じで、ウォーミングアップをしていないと、急には走れないし、集中力もないので、ケガをする。「そんな…、いきなりは無理だよ…」というメンタルにもなってしまう。だからこそ、ウォーミングアップ。僕の場合、それが「1.2倍を意識すること」だったりするのです。