自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

あなたがもっともっと、“近づいていくべき人”とは?

今、自分がもっともっと、“近づいていくべき人”とは誰? と聞かれたら、皆さんはどのように答えるでしょうか?
僕は、未来の自分が求める「チャンスを持っている人」であり、未来の自分の「可能性を広げてくれる人」だと答えます。

 

僕の持論であり、おそらくほとんどの人がそう思っていると思いますが、チャンスは自分ひとりで探して、見つけて、掴むことは難しいし、自分の未来の可能性も、自分ひとりで広げていくことは難しい。チャンスも未来の可能性も、周囲の人の力を借りながら、広げていくものだと思うからです。

 

だから、「チャンスも可能性も広がらない!」と悩んでいるときは、「チャンスを持っている人」や「可能性を広げてくれる人」に、積極的に近づいてみる。そして、その人たちはこれから出会う人ではなく、“もうすでに出会っている人”だと考えてみるのです。ここが大事。

 

そう考えて接してみると、周囲の人を見つめる解像度がグンと上がるのです。
ビジネスマンとして学ぶべきところも、人としての魅力も、よりよく見えてくる。そうすると、今の自分に足りないものや強みがハッキリとしてくるので、周囲の人もチャンスを与えやすくなるし、いろいろと自分をわかったうえで、アドバイスをしてくれたり、ヒントをくれたりする。結果、自分の可能性が広がっていく。

 

そう、周囲の人を見る目を変えれば、自分をよく知ることができる。自分をよく知ることができれば、周囲の人たちがチャンスを持っている人になり、可能性を広げてくれる人になるのです。あくまでも僕の持論ですが…。

 

最後におまけで書いておくと、僕の今の会社の代表は僕よりも5歳下で、出会った当時は僕がクライアントで、代表が制作会社の関係でした。正直、周囲から見ても、相性がいいとは言えなかった(ような気がします…)。

 

でも、今振り返ってみるとたぶん、お互いがお互いを「この人は、未来の自分の…」と、ほぼ無意識に解像度を上げて見ていた気がします。だから、悪かったはずの相性も乗り越えて(本当はよかったのかな? よくわからないです…)良きパートナーになれたし、たくさんのチャンスを与えてもらったし、僕も会社の可能性を少しは広げられたと自負しています。

 

とにかく自分自身に、そしてこのブログの読者の方に言いたいのは、目の前にはたくさんの「チャンスを持っている人」や「可能性を広げてくれる人」がいるので、どんどん近づいていきましょう! ということです。僕もどんどん、近づいていきます!