自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

成長する人はいつも、“裏テーマ”を設定している

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

「成長できる人ってね、いつも“裏テーマ”を設定しているんだよ」
確か、社会人になったばかりの頃だったと思います。僕は当時の上司から、こんなアドバイスをしてもらいました。

 

たとえば、クライアントとの商談。
メインテーマは当然、「商談の成立」なわけですが、成長できる人は「◯◯という商品について、1分間で相手が『なるほど!』と頷くトークを展開する」といった具合に、本題とは別の“裏テーマ(=個人的な課題)”を設定している、と。

 

最初のうちは“裏テーマ”で何を設定していいかわからなかったので、上司が「今日は『◯◯◯』をやってみな!」と設定してくれていたのですが、少しずつ設定することに慣れてくると、自分でも設定できるようになりました。そして、それが習慣化されると、いつしか自然と(ほぼ無意識に)、「よし、今日は◯◯◯をやってみよう!」と、無理なく“裏テーマ”を設定できるようになったのです。

 

そう、成長している人は、実はあらゆるシーンでいつも、“裏テーマ”を設定している。

 

もし、ここ最近、仕事もマンネリ化していて「成長の実感がないな…」と嘆いていたら、シーンごとに“裏テーマ”を設定してみてください。たとえば、SNSで投稿するとき、感嘆符や絵文字を使わず、言語だけで喜びの感情を表現してみよう! など、そんな小さなことでいいのです。

 

“裏テーマ”をすることが習慣化されると、きっと成長のスピードは上がる。ぜひお試しください。