自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

心を軽くするためのキーワードは、「ここにあるものが、すべて!」

今、読んでおくべき本【随時更新】


優れたリーダーはみな小心者である。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

f:id:igooke:20200708094630j:plain

「これが、ニッポン手仕事図鑑の“本社”ですから」

 

最近、地方出張が多いこともあり、「オフィスに行かなくて、困ることはないんですか?」と聞かれることが増えました。そんなときはいつも、僕は冒頭のように返していたりします。ふざけているように聞こえるかもしれませんが、でもこれ、僕にとってはとても大事なことだったりするのです。

 

このリュックに入っているものさえあれば、僕はオフィスがなくても、日本全国を飛び回っていても、仕事ができます(もちろん、メンバーの支えも大きいです!)。
なぜ、ここまでコンパクトにしているかというと、それは「心を軽くして、行動力をアップし、気持ちよく働くため」です。

 

自分は今、何を持っているのか? 何を持ち歩かないと仕事にならないのか? と、そんなことが頭の中に残っていると、どこか心がスッキリとしない…。でも、リュックの中にあるものが、すべて!」と言えるくらいに整理できていると、頭の中から「持ち物の心配」をなくなり、心が軽くなって、そのぶん、行動力が上がるのです。

 

ちなみに余談ですが、“本社”と言えるようになるためにひとつだけネックだったのが、紙の本好きの僕が、何冊ものを本を持ち歩けないこと。自分の学びのためだけでなく、資料として読まないといけない本もある。そこで最近『Kindle Paperwhite』を手に入れ、“書庫”を持ち歩けるようになったので、よりよい“本社”になりました。もちろん、まだまだ改善の余地はあると思ってはいますが…。

 

それはさておき。
心を軽くするためには、頭の中にあるメモリを減らすことが大事です。

 

だから、僕は持ち物だけでなく、タスクも1枚の紙(や手帳)に落とし込み、「ここにあるものが、すべて!」という状況をつくり、頭から追い出すようにしています。そうすることでやっぱり心が軽くなり、行動力も上がってくる。

 

そう、心を軽くするためのキーワードは「ここにあるものが、すべて!」という状況を、自分でつくり出すことなのです。「心とフットワークが軽くないな…」と思う方は、ぜひお試しください。