自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

真似のできないプロジェクトを生み出す方法 〜“頭を使う”状況に、自分自身を追い込んでみる

今、読んでおくべき本【随時更新】


解決は1行。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

「お金がなければ、時間を使う。時間がなければ、頭を使う」
一流と呼ばれるクリエイターの方の中には、こう語っている人が少なくありません。

 

「だって、そうするしかないからね…」という声が聞こえてきそうですが、僕の持論を書かせていただくと、そこには隠された“別の意味合い”がある。一流クリエイターにはあえて、自分自身から意図的にお金と時間を“奪う”人がいますが、それは頭を使う状況に、自分自身を追い込んでいくためなのです。

 

お金や時間が使える人が、お金や時間を使って生み出せるプロジェクトは、常に一気に抜かれてしまうリスクがあります。でも、頭を使ったプロジェクトは、そう簡単には抜かれない。“そう簡単に真似のできない優位性があるプロジェクト”を生み出すためには、頭を使って、工夫するしかないわけです。だから、自分からお金と時間を奪い、制限をかけることで、頭を使う状況に自分を追い込む。

 

このブログでも何度も書いていることですが、『ニッポン手仕事図鑑』を立ち上げたとき、僕らの会社には体力がなく、“収益事業(=自分たちのお給料を稼ぐ仕事)”をやりながら、新規事業を推し進めていくしかなかった。そう、頭を使うしかなかったので、だからそこに『お金や時間では解決できない価値』が生まれたのです。

 

結果、ニッポン手仕事図鑑は今のところ、お金と時間を使って「追い抜いていこう!」と考えるライバルたちからは追い抜かれていない。僕自身も、そう簡単には抜かれないという自信もある。周囲の頭のいい人たちはそれがわかっているから、「もう、一緒に組んじゃったほうがいいよね」と、正直に話してくれたりするわけです。

 

「お金がない…」
「時間がない…」
日々新しいことをはじめたくて、でもはじめられないと嘆いている人がいますが、それは最高の環境だったりするわけです。そう、その状況で頭を使えば(苦しいですが…)、そう簡単に真似できない価値あるプロジェクトが生まれるのです。