自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

未来を変えられる人は、自分から相手に「◯◯する人」

今、読んでおくべき本【随時更新】


解決は1行。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

プライベートはさておき、ビジネスで誰かと連絡を取りたいなぁと思ったとき、皆さんは「相手からの連絡を待つ人」と「自分から相手に連絡する人」と分けたら、どちらのタイプでしょうか?

 

久々に“あの人”と「◯◯について、情報交換したいな」「あの件について、ディスカッションしたいな」と思ったら、僕はSNSでしか会話したことがない人だったとしても、しばらく連絡を取っていなかった人でも、自分から連絡を入れてみます。

 

なぜなら、その一報から幾度となく面白い展開になったという経験をしているし、その一報から未来が大きく変わるという経験もしているから。

 

それと、もうひとつ。
正直、僕自身も「相手からの連絡を待ってしまうモード」のときがあったりするのですが、そんなときは“思考そのものが受け身”になっていて、誰かの目から見ても一緒に仕事をやりたい! と思ってもらえる熱量がなくなっていたりするので、何をやっても上手くいかない…。

 

そう、自分のギアを入れ替える意味でも、あえて自分から連絡を入れてみるのです。

 

その結果、思考も前向きかつポジティブになっていくし、自分がコミュニケーションを取りたい人と会ったり、話したりするわけですから、当然エネルギーも補給してもらえる。結果、「一緒に仕事をやろうよ!」と言ってもらえるオーラみたいなものも(少しずつ)出てくるわけです。

 

自分の未来を変えるためにも、ポジティブな思考に変えていくためにも、誰かと連絡を取りたいなぁと思ったら、待つのでなく、自分から動く。
僕が「かっこいいな」と思える人は、みんな同じ考え方だったりするのですが、きっと僕と同じように、いつもポジティブなわけではない(はず)。そう、自分から動くことでポジティブな自分を維持しているのだと思うのです。

 

というわけで今日と明後日、僕は熊本や宮崎で会いたい人に会ってきます。もちろん、自分から連絡を入れて。