自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「お金がない」「環境がない」「時間がない」と嘆く前に、「想像力はあるか?」と問いかけてみる

今、読んでおくべき本【随時更新】


解決は1行。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

昨日、ニッポン手仕事図鑑のようなビジネスをやりたい! という、何とも“刺激的な”ご連絡をいただきました。僕自身は「職人さんや産地に目を向ける人を増やす」をひとつのミッションとしているので、車での移動中に電話で、僕なりのアドバイスをさせていただきました。

 

その中で、僕はふたつの大事なことについて、お話をさせていただきました。

 

まず、ひとつ目。
過去の成功事例(誰かが上手くいったやり方や方法論)をなぞってプロジェクトを進めて成功しても、そのプロセスの中で得られる学びの「価値(=自分の未来を切り開く財産になり、自分の独自性をつくる経験値)」は少ないということ。言い換えると、誰かのやり方を再現して結果を出すよりも、誰もやっていないやり方で結果を出したほうが、立ち上げたビジネスは強いし、次のアクションの成功率も高まるということです。

 

そして、もうひとつ。
それは、“状況”に言い訳をしないこと。

 

以下は、今日たまたま見かけたツイートです。


「お金がない」
「時間がない」
「環境がない」
「設備がない」
「機材がない」

 

それを言い訳にしていたら、いつまでも人の心を動かすことはできない。今、何ができるのか? 想像力を働かせてみると、万全の状況からスタートするよりも、クリエイティブで、人の心を動かすアウトプットができるかもしれない。

 

ニッポン手仕事図鑑も、新規事業の予算がたった5万円でした。だからこそ、“やれたこと”がある。そう、制限は、想像力を生み出してくれるのです。