自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

トレーニングを三日坊主で終わらせないコツは、「1日10分」を厳守すること

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

音楽家の広瀬香美さんが自身のvoicyで、「トレーニングを三日坊主で終わらせない3つの方法」というテーマでお話をされていました。その3つのうちのひとつが、「トレーニングは1日10分以上やらない」ということ。そう、無理なく続けられるペースを守ることが大事で、物足りないと感じるくらいの量がちょうどいいというお話。

 

僕がこのブログを毎日続けている理由は、日々生活しているだけでは出会えない人たちと出会えるから…という理由もありますが、一番は自分自身のトレーニング。それは文章力を磨くトレーニングではなく、「ネタをひねり出す訓練」であり、「ネタ(=素材)を探すアンテナの感度を高める訓練」だったりします。

 

1日で1000回の腹筋をやるよりも、1日100回の腹筋を10日続けたほうが続くし、筋トレの効果もある。広瀬さんの場合は「1日10分」からはじめて、僕自身のことを書くと、「1日500文字」からはじめた。そこに慣れてくると、1日に20分、30分とトレーニングを続けることができるようになるし、僕も今、1000〜2000文字の記事を毎日書けと言われたら、普通に書けると思います。

 

繰り返しになりますが、日々“小さく”トレーニングを続けることが大事で、このブログは2000日以上毎日更新を続けていますが、2000日前の(37歳のときの)自分と、今の(42歳の)自分では、それらの“筋力”は全然違うと断言できます。そう、トレーニングを続けられる自分は、トレーニングを続けることでしか生まれないのです。

 

僕も最初から「毎日、1000文字書こう!」とはじめていたら、ほぼ間違いなく、三日坊主で終わっていた。だからトレーニングは、物足りないくらいで終わらせたほうがいいのです。「今日はもっとできる!」と思っても、やめるくらいがちょうどいい。