自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「続けること」が大事なのではなく、「変化しながら、続けていくこと」が大事

今、読んでおくべき本【随時更新】


解決は1行。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

僕は「続けることが大事だ!」と、考えるタイプです。
続けることで得られる学びは大きいし、続けることで得られる周囲からの信頼も決して小さくないからです。自分のブログの話で恐縮ですが、どんなアウトプットをしてきたか? よりも、「2000日以上、毎日更新を続けた」ことのほうが、圧倒的に自分に大きな“もの”を与えてくれました。

 

でも、こう書くと必ず、「ただ続ければいいというわけではない。どこかで見切りをつけることも大事だ!」という声が聞こえてきます。

 

そのとおりです。
「続けることが大事だ!」だけでは、確かに言葉足らず。ダラダラと思考停止のまま続けていても、意味はありません。

 

大切なのは、「変化をしながら続ける」こと。

 

たとえば、情報発信。
発信する場所をフェイスブックからユーチューブに変えてもいいし、発信する方法を文章から映像に変わってもいい。大事なのは、本来の目的を見失わずに情報発信を続けること。今までの形を捨てて(変えて)、新しい形を取り入れ、続けていくことが大事なのです。今の自分のスキルや置かれている状況、世の中の動きや市場を考えていけば、変化するのは当然のことですし、むしろ変化はしなければならない。

 

何かをやめながら(変化しながら)、でも、本来の目的地に向かって、続けていく。

 

やっぱり、続けていくことは、大事なことなのです。そう、変化させながら。