自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

不安なときこそ、『「あれも…これも…」の思考』を捨てる

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

人は不安な状況に置かれると、「あれもやっておいたほうがいいし…これも…それも…」と、何でもやろうとしてしまうものです。
今、新型コロナウイルスの影響で、健康面の心配はもちろん、経済面での心配も日増しに大きくなり、不安で精神的に追い詰められている人も多いと思いますが、不安が大きくなればなるほど、“あれもこれも”と手をつけたくなってしまうのは、僕も同じです。

 

でも、そんなときこそ、一歩立ち止まって、「ワン・シング=一点集中の思考」を考えてみる。

 

「会社を立て直すために、どうすればいいのか?」
「もし会社が倒産したら、どう生き抜いていくのか?」

 

今、こんな不安を抱えている人も多いと思いますが、ここで「あれも…これも…」と動いてしまうと、すべてが中途半端になる。そして、焦りによって判断力も鈍ってしまうので、優先順位さえも間違い、状況がさらに悪化してしまう。

 

だから、不安だけど、まずは一点集中。
この大ピンチを抜け出すために、「たったひとつだけアクションを起こしていいと言われたら、何をするのか?」と考えてみるのです。

 

僕も今日、会社を立て直すための“たったひとつの行動”はなにか? を考え、(縁起でもないですし、そんな状況には絶対にさせないという強い覚悟はありますが…)会社が倒産しても生き抜いていくために必要な“たったひとつの行動”はなにか? も考え、今日も動きました。

 

焦って「あれも…これも…」とやると、不安はどんどん大きくなりますが、「今はこれしかない!」と決めて動くと、少し気持ちは落ち着くものです。そう、今は(外出という意味ではなく…)動くしかない。「あれも…これも…」という思考は捨てて。