自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

コロナウイルス騒動の終焉とともに、「提供した時間が給与に変わる時代」も終焉を迎える

今、読んでおくべき本【随時更新】


解決は1行。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

コロナウイルスの影響で、半強制的に在宅勤務(リモートワーク、テレワーク)というワークスタイルに変えられてしまった人も多いかと思います。
自分のペースでよりよく働けるようになった! という人もいれば、「何となく、肌に合わないなぁ…」と嘆く声も聞こえてきたりします。オフィスで働いているときと同じ生産性を上げられるようになるまで、時間がかかる人も多いのではないでしょうか。

 

そんなリモートワーク、テレワークが少しずつ浸透しはじめている中で聞こえてくるのは、「残酷なまでに成果主義になり、実力主義になる」ということ。

 

そう、今までは自分の時間(労働時間)を提供することで、何となく働いている気分にもなれていたし、誰かに指示され、“動かされる”ことでそれなりに成果を上げることもできました。ただ、テレワークではそうもいきません。ずっと管理されているわけではないので、自分の時間や集中力をコントロールするスキルや、ひとつ仕事が終わったとき(なくなったとき)、自分の頭で考えて「次の仕事」を見つけ、動けるかどうかがシビアに問われるようになります。

 

でも…それはあくまで、大前提の話。それだけではこの先、生き残ってはいけません。
では、生き残っていける人とはどういう人でしょうか?

 

「時間」ではなく、「価値」を提供できる人です。
もっと書くと、「提供する時間」でなく、「提供する価値」をお金に変えることができる人です。

 

だからこそ、少し時間に余裕ができる(はずの)今の時期に、やっておきたいこと。
それは「お金に変えられる自分の価値」を、とにかく書き出してみること。ちょこっと考えて出すレベルでなく、自分のキャリアを1から振り返り、掘り下げて掘り下げて掘り下げまくる…。きっとひとつやふたつ、お金になる“価値”が眠っているはずです。

 

それでも見つからない人というは、「価値をお金に変えている人」を思い浮かべて、どんな価値が、世の中でお金に変わっているかを徹底的に洗い出してみる。そうすると、「あれっ、あの人の“これ”がお金になるなら、自分の“あれ”もお金になるんじゃない?」というものが見つかるはず。ぜひやってみてください。

 

それでも見つからない人?
1から価値をつくり出すしかありません。これから景気も変わり、時代のニーズも大きく変わります。その中でどんな価値を提供すれば、自分はこの先生き抜いていけるのか。それをとことん考え、自分の中に新しい価値をつくっていく。こんな時代だからこそ、「よーい、ドン」でみんな動き出す。コロナウイルスによる今の経済は、とんでもないピンチですが、その裏には、チャンスもしっかりと眠っているのです。