自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

僕が2000日連続で、毎日ブログを書き続けられるワケ

2000日と書きましたが、正確には1932日です…が、それはさておき…。

 

これだけの期間、毎日ブログを書き続けていると、「きっと、いつもブログのことを考えているんですよね」「ブログを書き続けるコツなどを、日々勉強されているんでしょうね」と言っていただけますが(ここ最近、また増えてきましたが…)、正直いつもいつもブログのことを考えているわけではありません。

 

僕が毎日ブログを書き続けられるのは、ブログのことを考える時間でなく、「経験に費やしている時間=行動量を増やすこと」を、何よりも増やしていこうと意識をしているから。いろいろな場所に行って、いろいろなものを見て食べて触れて、たくさんの人たちと会って、話を聞くというインプットを重視しているのです。

 

そして、ここがさらに大事なのですが、インプットしたことを“そのまま書く”ことはほとんどなく(いや、あるかな…?)、その経験をしたからこそ、「インプットしたこと×自分の経験や考え」と掛け算されて、“書けることが生まれる”のです。もっと書くと、そのインプットがブログだけでなく、他のビジネスやプライベートの充実にもつながっていきます。

 

だからむしろ、ブログの“ためだけ”に行動しようとしない! を意識していたりします。
もし、ブログを続けられない人がいて、ブログ関連の本を読まれているなら、正直あまりコスパはよくないと思います。せっかく時間を使うなら、ブログにも、他のことにもつながる行動を考えてみるといい。僕は何度もブログを立ち上げてはやめるを繰り返してきた三日坊主を、この考え方で卒業しました。

 

机でキーボードを叩きながら頭を動かしている時間よりも、町へ出て、心を動かしている時間のほうが、未来の自分が喜ぶ。そんな気がしています。