自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

嫉妬してしまう“あの人”を、「憧れの人」に変えてしまえ!

今、読んでおくべき本【随時更新】

「いいね」を購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方

自分との差を感じて、嫉妬してしまい、自分から遠ざけてしまっている人って、ひとりやふたり、いないでしょうか?
その人はきっと、自分が嫉妬してしまうほどの実力を持っていて、結果も出していて、周囲からも認められている人。僕の目の前にも過去、そんな人が何人も現れました。

 

でも、そんな人ほど、嫉妬して、遠ざけてしまうのはもったいない。
僕は今まで、自分の中で嫉妬の対象になっている人たちを、“憧れの人”に変えてきました。

 

どうやったか?
それは、「徹底的に話を聞きまくる」です。

 

話を聞けば聞くほど、「それは、すごいな…」「そこまで、やってきたのか」「そういう方法があったか!」「えっ、そんな失敗を乗り越えて?」と、次から次へと、驚く話が出てくる。そう、嫉妬してしまう存在だということは、そのくらいに何かを“持っている”人。話を聞けば聞くほど、その嫉妬はいつしか自然と、憧れに変わっていったりする。

 

上っ面で付き合っていると嫉妬したり、遠ざけてしまう人も、深く付き合って、話を聞いてみると、憧れに変わる。そして、憧れに変わるくらいに話を聞けたら、そのときは自分も、大きなものを得ていたりする。

 

遠ざけるのは、もったいない。嫉妬してしまう人ほど、憧れの人に変わるくらいに、話を聞くべきだと僕は思っています。