自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

今日、勝負どころで失敗した僕は、1週間前に「もうあとはないと思うと、90%は失敗する」というフレーズをメモしていた

今、読んでおくべき本【随時更新】

ビジネスを変える 100のブルーオーシャン

先週の土曜日、ずっと読めていなかった『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ!』を読んでいたら…。

 

「もうあとはないと思うと、90%は失敗する」

 

そんなフレーズが目に止まり、ハッとして、ほぼ無意識にメモを取っていました。
チャンスやピンチを問わず、今の自分が置かれた状況に対して、「もう、あとはない…」と追い込んでしまうと、ほぼ間違いなく“自分を自分で萎縮させる”ことになります。そう、本来のパフォーマンスができなくなる。

 

僕は1週間前にそんなメモをしたにもかかわらず、今日、勝負どころで失敗をしました。
いつもなら「次につながる一歩だ!」「失敗してもいい!」と自分自身に寛容になれたはずが、“いつもどおりにできず”、心の中でずっと、自分の気持ちとは裏腹に「もう、あとはない…」「ここで失敗をしてはいけない」と自分を追い詰めてしまった…。結果、「90%は失敗する」という言葉どおり、失敗をしてしまった。本来の自分を出せなかったわけです…。

 

なぜ、いつもどおりにできなかったのか?

 

それは、2日前から体調を崩してしまっていたからです。
体が「休みたい!」と言っているにもかかわらず、「まだ大丈夫だ!」と無理をしてしまった。正直、すぐに薬を飲んだので、そこまでは悪化しませんでした。だから、体調が元に戻らずにパフォーマンスが発揮できなかったのでなく、気持ちに余裕を持つことができず、自分に寛容になれなかったのです。

 

健全な精神は、健全な肉体に宿る。「もう、あとはない…」と自分を追い込まず、「明日があるさ! 失敗しても大丈夫!」と自分を許せる心の余裕を持つためには、健康がやっぱり大事。それを改めて実感した1日でした。