自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

今の自分が「10年後、自分はこの人と一緒に仕事がしたい!」と思える人たちを、とにかく大事にする

今、読んでおくべき本【随時更新】

会話が苦手な人のためのすごい伝え方

僕がこの数年、ビジネスで厳しい状況に置かれたときに助けてくれた人の多くが、“10年前の自分”が当時、「10年後、自分はこの人と一緒に仕事がしたい!」と心から思えた人たちでした。

 

だから僕は今でも、「10年後、自分はこの人と一緒に仕事がしたい!」という視点を大事にしていて、変に媚びるという意味でなく、そう思えた人たちを大切にしています。大切にするというのは、ただ気遣いをしたり、感謝するだけでなく、自分からも「与える」という意味です。与えるとはもちろん、金銭や物品ではなく、情報、気付き、学び、そして、経験するチャンスや人との新たな出会いなど…。大切にするとは、丁寧なコミュニケーションと、「与えること」だと僕は考えています。

 

そんな10年を丁寧に積み重ねた結果、「10年後、自分はこの人と一緒に仕事がしたい!」と思った人たちが、自分がピンチのときに助けてくれて、全力でチャレンジしたいときに、新しいチャンスや楽しい仕事を持ってきてくれたりもする。

 

残念ながら、今の20代の中には早く結果を出そうとするあまりに、「今やりたいこと」“だけ”を優先してしまう傾向にある気がします…。もちろん、「今やりたいこと」にチャレンジすることは大事。でも、僕はそれ以上に、「10年後、自分はこの人と一緒に仕事がしたい!」と思える人たちを大事にするほうが、その何百倍も大事だと思っていますし、未来の自分のためにもなると考えています。あなたが今、「10年後、自分はこの人と一緒に仕事がしたい!」と思える人は誰ですか? 心から大事にしていると言えますか?