自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

40代が「昔は持っていたけど、実は手放してしまっているもの」って、なーんだ?

今、読んでおくべき本【随時更新】

ビジネスを変える 100のブルーオーシャン

40代になって、両手に持っている“つもりになっていて”、実は手放してしまっているものって、なーんだ?

 

なんだと思いますか?
僕は最近、人生の先輩方や尊敬している方々から、そのふたつを持つことの大切さを、それこそ耳にタコができるくらいに聞かされています。きっと、40代の今の僕が、持っているつもりになっていて、手放してしまっているからかもしれません…。

 

答えは、「謙虚さ」と「素直さ」。

 

40代になると、自分自身の成長するスピードが落ちたり、巡ってくるチャンスの量が減ってしまう人が増えてきます。いや、ほとんどの人がそうだと思います。誰もが20代や30代の頃のように成長できないし、チャンスはいつも、若くて、可能性のある人に与えられるものだからです。

 

でも、若い世代と負けず劣らず、成長している40代、たくさんのチャンスが巡ってくる40代がいます。
その理由はもちろん、ひと言で言い表せるほど単純なものではありませんが、僕は根底には“共通点がある”と考えています。そう、それが「謙虚さ」と「素直さ」。

 

「謙虚さ」と「素直さ」があるからこそ、自分の人生にとっての“栄養分の高い”人や情報が集まってきて、それをしっかりと吸収するだけの力もアップする。みんな若い頃は、右手に「謙虚さ」、左手に「素直さ」を持っていたもの。でも、「持つもの」がいろいろと増えることで、本当に大切なものを落としてしまうわけです。僕もその大事なふたつを、どこかに置き忘れてしまうことが多いので、今あらためて、しっかりと持ちたいと思っていたりします。

 

そして余裕が出たら、さらに「感謝」と「肯定」も、しっかりと持てるようになりたいな、と。この4つを持つことができたら、きっと40代からの人生を、自信を持って過ごせるようになると思うので。