自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「負の感情」を引きずらない男が、やっぱりかっこいい

今、読んでおくべき本【随時更新】

会話が苦手な人のためのすごい伝え方

僕と一緒にニッポン手仕事図鑑を立ち上げたビデオグラファーは、僕の部下でもあるのですが、今年の4月、うちの会社の新卒第二号の上司になりました。そう、ただの会社の先輩ではなく、人生ではじめて上司になった。

 

そのポジションが彼を成長させたのかはわかりませんが、彼は10歳年上の僕から見ても、とてもかっこいい男になりました。だからか、今では会社ではなく、彼個人に来る仕事も増えました(そう、スキルだけでは、仕事って来ないのです…)。

 

何が変わったのか?
ひとりの部下を守り、成長させていかなければならないという責任感なのか、自分の仕事に自信が持てるようになったからか、あるいは人とのコミュニケーションスキルが上がったのか、正直何が大きく影響しているのかはわかりませんが、「負の感情」を引きづらなくなったのです。

 

彼は上司の僕や、あるいはクライアントとぶつかることがあったとき、そのときに芽生えが「負の感情」を、多少長く引きずってしまうことがありました(ま、これは誰にでもあり、僕自身にもあることですが…)。でも、今はそれが少なくなった。昨日のバトルのあと、翌日には水に流し、会った瞬間に笑い合い、肩を組めるようになった。そういう人は間違いなくかっこいいし、相手も変な気を使わずに、気持ちよく彼にぶつかっていけるわけです。

 

僕の知っているかっこいい男たちは、みんなそう。悪いことをしたら、謝れる素直さ。相手が失敗をして、不快に感じることがあっても、すぐに許せる懐の大きさがある。だから、僕もそうでありたいと、心から思っています。
みんなを明るくできる、かっこいい男でありたい。失敗することも多いけど…。