自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

“総インフルエンサー時代”の弊害?「〜しておけば安心」という思考停止

今、読んでおくべき本【随時更新】

ビジネスを変える 100のブルーオーシャン

僕が常々人に話していたことを、あのちきりんさんもツイートでおっしゃっていたので、今日は「~しておけば安心」という思考停止状態の怖さについて、書いてみたいと思います。

 

その前にまずは、ちりきんさんのツイートを紹介します。

 

いかがでしょうか?
ちきりんさんが挙げられていた例と同様の、「~しておけば安心」という“根拠のない安心感”を持って、現実から目をそむけてしまっていることってないでしょうか?

 

そこに自覚があれば、まだ全然問題ないと思うのですが、一番やっかいなのは“無自覚”であることです。そして、今の時代は“無自覚”で、「~しておけば安心」という思考停止状態に陥りやすい時代だからこそ、僕はとても怖いと思っています。

 

今は良くも悪くも、“総インフルエンサー時代”になったと感じています。そう、誰もがインフルエンサーになりたくて、インフルエンサー“っぽく”なれる時代。そもそも、SNSのフォロワー数を追いかけている時点で、インフルエンサーではないことはもうみんなわかっているはずで、本当の意味でのインフルエンサーは、やっぱりごく少数。

 

でも、影響力が“あるっぽい人(=そんなふうに演出できる人)”が増えて、その人たちの言うことを聞いておけば、自分の頭で考えることをしなくていいので、とても“楽”。なので、「あの人の言うことを聞いておけば大丈夫だ! 」という思考になっている人が増えているのです。そんな人から「こうしておけばいいよ!」と言われると、誰もが「そうか! ~しておけば安心だ!」と、根拠のない安心感を、無自覚に持ってしまうわけです。

 

人の話に素直に耳を傾けることは大事です。それは間違いない。
でも、その前にしっかりと自分の頭で考えて、自分で答えを出してみることを忘れてはいけません。自分で考えることを普段から意識をしていないと、本当に自分の頭で考えなければならないとき、何も考えることができず、そして何も決めることができなくなります。これは本当に、怖いことです…。

 

自分の頭で1度考えてみてから、人の話に耳を傾けてみる。惑わされやすい時代だからこそ、忘れてはいけないと思うのです。