自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

決断力と行動力をアップする、マル秘ワーク 〜「最初の5秒で出した答え」と「30分考えて出した答え」は、どのくらい一致する? 〜

今、読んでおくべき本【随時更新】

会話が苦手な人のためのすごい伝え方

「ファーストチェス理論」という言葉を、聞いたことはあるでしょうか?
プロのチェスプレイヤーに盤面を見せて、「5秒で次の手を決めてください!」と伝えて、決めてもらった一手と、30分かけてじっくりと考えてもらい、決めてもらった一手は、「86%が同じだった」という実験結果です。ざっくりと書いてしまうと、自分が下す判断の多くは、直感的な判断と、長く考えて導き出した判断は、大きくは変わらないということです。

 

心配性で、考えすぎて答えが出せない、決められない…という人に、ぜひ試してみてほしいワークがあります。

 

何かを決断しなければならないとき、まずは5秒で答えを出してみて、そのあと、もう30分じっくりと考えて出した答えを照らし合わせてみてほしいのです。ファーストチェス理論に基づくと、8割程度が“同じ答え”になるはずです。

 

もちろん、「5秒=直感の精度」を高めるには、ある程度の経験やスキルを身につけているということが大前提です。それを忘れてはいけないのですが、「最初の5秒で出した答え」と「30分考えて出した答え」が一緒であると認識できると、決断する力が身につき、次の行動へのスピードもアップします。僕はビジネスで成功する秘訣は、スピードと行動量だと考えていますが(むしろ、それしかないと思っていますが)、どちらも向上させることができるようになります。

 

「5秒で考えた手」を打てるようになれば、スピードと行動量が上がる。
決断力を高めたい人、行動力を上げたい人は、まずは「最初の5秒で出した答え」と「30分考えて出した答え」がどのくらい一致するか? というワークを試してください。全然一致しなかったら? そのときは責任を持って、個別で相談に乗ります…。