自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「完全」を追い求める人ほど、「武器」を捨てよう

今、読んでおくべき本【随時更新】

ビジネスを変える 100のブルーオーシャン

「完全」を追い求める人ほど、行動力が落ちる。
「完全」を追い求める人ほど、発想が乏しくなる。

 

これは、僕の持論のひとつです。

 

20代の頃にがむしゃらに動き、優れたアイデアで結果を出してきた人が、30代になった途端、行動力が落ちて、発想が乏しくなるというケースは、僕が見てきた限りで言うと少なくありません。

 

その原因は意外にシンプルで、それまで結果を出してきたからこそ、「次、結果を出せなかったら…」と臆病になり、慎重にもなって、「完全」を求めてしまうわけです。そうなると、それまで結果を出せていた大きな要因のひとつだった“大胆さ”を失ってしまい、言うまでもなく、結果も出るはずもなく…。そこまでくると、結果が出ないことがもっと怖くなり、さらに行動力が落ちて、発想も…まさに負のスパイラルです。

 

そうならないためには、どうすればいいか?

 

僕は、「武器を捨てること」を意識していました。

 

どういうことか?
ひと言で書くと、「結果につながっていた“自分の強み”」を、1度捨ててみるということです。会社の実績やネームバリューで結果を出せていた人はそれだったり、先輩たちの知恵、あるいはそれまでの経験から導き出してきた“方程式”だったり、身に付けてきたスキルだったり…。

 

武器を捨てることでいい意味での危機感が芽生え、大胆さやがむしゃらさを取り戻すことができる。もっと言うと、今までにない結果を出せるようになったり、新しい武器を手に入れることもできる。全員に当てはまる考え方ではないと思いますが、それまでの武器を捨てて見えてくるもの、拓ける道はきっとある。
「完全」を追い求める人ほど、1度「武器」を捨ててみよう。