自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「評価」も「信頼」もされない人の思考

「ひとつ質問をすれば、その人がこれから信頼できる人になれるか、評価される結果を出せる人かどうかが、だいたいわかる」

 

以前、そのように話してくれた人がいました。
たとえば、仕事上のやりとり、あるいは面接や面談などで、何かを質問される(問われる)シーンは多々ありますが、信頼も評価もされない人は、答える前にこんなふうに考えてしまうというのです。

 

それは、「この人(この質問)には、どう答えればいいかな?」と考えてから、答える人です。

 

言い換えると、「相手にとっての模範解答を探してしまう人」とも言えます。
そこには、自分の意志や考えもないし、想いや情熱もない。確かに思い起こしてみると、“その思考”が働いている人はすぐにわかるし、事実、どんなにスキルを持っていても、どんなに立派に語っていても、評価をされるほどの結果は出せていないし、信頼もされていない。さらに書くと、成長もあるときにピタリと止まってしまう…。

 

では、どうすれば「模範解答<自分の考え」になるか?
それは、本気になるしかないのです。必死になるしかない。本気になって、必死になっている人は、模範解答ではなく、自分の考えや意志を相手に伝えたくなる。そう、本気だからです。

 

逆に上っ面でやっている人ほど、自分の考えや意志がないから、「この人(この質問)には、どう答えればいいかな?」と考えてしまう。改めて書くまでもなく、評価されることも、信頼されることもない。人も、どんどん離れていきます。

 

相手の模範解答は? という思考にならないくらいに、自分の考えや情熱をとにかく伝えたい! 相手にぶつけたい! と思えるくらいに、本気になりましょう。必死になりましょう。評価や信頼をされたいのなら、そこがスタートラインです。
———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————