自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「未来を変えられる人」の思考と行動

今、読んでおくべき本【随時更新】


優れたリーダーはみな小心者である。

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

「これをやって、結果が出るのか?」
「これをやって、未来が変わるのか?」
「これをやって、楽しくなるのか?」

 

何か新しいことにチャレンジしようとするとき、そんな自問自答をする人が多いと思います。そして、それらの人は、大きくふたつに分けることができます。

 

「考え続けて、動かない人」と、「すぐに動く人」です。

 

ひとつ、例を挙げます。
僕は4日前、それはそれは美味しいトマトジュースと出会いました。
トマト嫌いな僕が、何度もおかわりをしてしまうほどの、極上のトマトジュース。

 

生産者さんに「紹介してほしい!」と言われるまでもなく、僕はこの美味しいトマトジュースを広めたいと思い、2日後に『自腹のプレゼント企画』をリリースしました。これをやって、何の意味があるの? 何か未来は変わるの? 次につながる結果は出るの? と聞かれたら、こう答えます。「やってみないと、そんなもんはわからん」と。

 

トマトジュースを飲んで、「美味い! 広めたい! 誰かにシェアしたい!」と思っても、おそらく9割以上の人は、“何もしない”。何もしない人は、未来も人生も変わらない。もしかすると、そのトマトジュースを書いてほしい! とか、「うちの町に招待するから、うちの特産品でも自腹企画をやって!」と、そんなオファーが来るかもしれない。もちろん来ないかもしれませんが、やった人だけにしか、その可能性は生まれない。だから、できることから、スピード感を持ってやっていくことは、大事だと思うのです。

 

誰にでもできることなのに、誰もやらなかったりすること。
未来を、もっと抽象的には“何か”を変えられる人は、スピードを持って動ける人。

 

僕が嬉しかったのは、そのトマトジュースをつくっている生産者の“学ちゃん”が、こんなツイートをしてくれたこと。このスピードが大事。彼はきっと、未来を変えられる。

———————————————————
お仕事の相談や個人的な相談、

ブログで書いてみてほしいことなど、
随時募集しております!
プロフィールページ」からどうぞ。
———————————————————