日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

明日のヒントと、実行力の磨き方[7年間、毎日更新中!]

「制約」は、発想の神

基本的なことで大変申し訳ないのですが、

これで今までアイデア出し苦戦していた人が、

パーッとアイデアを出せるようになった人がいるので、

書いておこうと思います。

 

「制約」が発想を広げてくれる。

 

今、あるキャラクターの認知度向上と、

それに関連するグッズの売上げを伸ばす相談をされています。

 

その方も今まで一生懸命考えてきましたが、

いいアイデアが思いつかなかったそうです。

 

「どうすれば、認知度が上がるか?」

「どうすれば、グッズの売上げを伸ばせるか?」

それを悶々と考えていても、なかなか難しいものです…。

 

企画することに慣れている人はすぐに次のステップに行けますが、

慣れていない人はここで止まってしまいます。

 

そこで「制約」です。

3歳の子どもを持つ専業主婦に知ってもらうためには?

予備校に通う10代の女性に知ってもらうためには?

渋谷で働くショップ店員にグッズを買ってもらうには?

病院で働くナースにグッズを買ってもらうには?

 

などと、ただただ漠然と認知度を上げるには? と考えるのではなく、

制約をつけることでアイデアは出やすくなるはず。

何度か実践すると、自分に合った効果的な制約がわかってきたりします。

 

 

実は漠然と考えていて、

「アイデアが浮かばない…」と困っている人に、

このお話をするとアイデアがどんどん出るようになったりします。

でも本当に大切なのは、「行動」ですが、それは改めて。

 

「アイデアが浮かばない? 制約を忘れていませんか?」