日刊「自分の仕事は、自分でつくる」

明日の“実行力”の磨き方[7年間、毎日更新中!]

なぜあなたは、「絶世の美女」と結婚できないのか?

今、オススメの1冊!

孤独からはじめよう

似たような話を聞いたことがある人も多いと思いますが…。

 

むかしむかし、ある村にひとりのそれはそれは美しい女性がいました。あまりに美しいので、あの人は誰と結婚するのか? 絶世の美女を射止めるのは誰か? と、村の人たちはいつも噂をしていました。そしてある日、その美女がついに結婚することに。相手は…ごくごく普通の、いや、どちらかと言えば、あまり冴えない男…。村人たちは我慢できず。美女に聞きました。「なぜ、あの男と結婚したのか?」と。すると美女はこう答えました。

 

「彼だけが、私にプロポーズをしてくれたから」

 

ハッとした人も多いのではないでしょうか。
美女との結婚の話はさておき、これ、普段のビジネスでも同じことが多々起きているのです。

 

「自分が(自分たちの会社が)その仕事を任せてもらうのは無理“だろう”」
「自分が(自分たちの会社が)選ばれることはない“だろう”」

 

そう、「無理だろう」「選ばれないだろう」「任せてもらえないだろう」「相手にされないだろう」と考えて、“プロポーズ(アプローチ)”することをやめてしまう。結果、「自分にも可能性があったかも…」と後悔することになる。

 

これも有名な話ですが、サッカーのキングカズこと三浦知良さんがブラジル留学をするにあたり、監督から「99%無理だ」と言われたとき、即答で「1%あるんですね。じゃあ、僕はその1%を信じます」と言って、日本にまだプロリーグがない時代に、15歳で単身、ブラジルに渡った。その後の話は書くまでもありません。

 

動かないと、可能性はいつまでも「0%」。「絶世の美女=絶好のチャンス」は、プロポーズをしないと射止められないのです。