自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

「楽して儲かる」に反応しているヤツは、努力ができていない証拠

今、読んでおくべき本【随時更新】

会話が苦手な人のためのすごい伝え方

ブログやツイッター、あるいは書籍やyoutubeなどでも、「楽して儲かる」系の表現をよく目にします。
でも、そんなものは存在しないし、万が一、奇跡的に「楽して儲かる」情報を手に入れることができたとしても、その方法で儲けている間、自分自身は成長していないので、その方法が通用しなくなったあと、もう1度「楽して儲かる」情報を手に入れることができなければ、長い目で考えてみると、結果的には苦労することが多い…と、僕は思っています。

 

「正しいときに、正しい場所にいる」

 

そんな言葉を、聞いたことがある人もいると思います。
シンプルに説明をすると、自分が今この瞬間(ベストなタイミングで)、正しい場所にいることができないと、いい波に乗ることができないという意味です。

 

僕はその“正しい場所”へ行くためには、自分自身の行動や判断だけでは難しいと、42年生きてきた人生の中で感じています。そう、正しい場所には、人が導いてくれるもの。そして、導いてくれる人たちは、その人の努力を見ている。もっと成長したいという個人的な理由だけでなく、もっと人の役に立ちたい! 社会の役に立ちたい! と努力する人を、正しい場所に導こうとするのです。

 

今の自分が挑戦するべき最高のタイミングで、最高のチャンスが巡ってくる場所に立っている人を、1度は見たことがあると思います。その人たちは、偶然ではなく、努力を続けた結果、周囲の人に「正しい場所」へと導いてもらっている。「楽して儲かる」というワードに反応するような人を、誰が正しい場所へと導こうとするでしょうか。

 

「楽して儲かる」に反応するのは、努力ができていない証拠です。つまり、いい波に乗ることもできないのです。