自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

人口が毎年100万人が減っていく時代、あなたはどうスキルアップしていく?

わたしが今、推しに推している1冊「ファンベース」。必読の1冊なので、日々のミッションが「長く売れ続けること」「長く支持され続ける」である人は、ぜひ読んでみてください。

 

その「ファンベース」の中に、ある図が掲載されていました。
それはこれからの日本の人口の推移を予測した図で、すでにご存知の方も多いと思いますが、これから40年の間に、日本の人口は約4000万人も減ると言われています。そして、その図とともに、こんな一文も載っていました。

 

「毎年100万人もの人口が減っていく。100万人都市である千葉市や仙台市が毎年ひとつずつなくなっていくペースなのだ」

 

こう表現されると、なかなか背筋が寒くなります…。
わたしたちがサテライトオフィスを出した鹿角市がある秋田県も昨年、人口が100万人を割ったということがニュースになりましたが、日本から毎年秋田県がひとつなくなっていくと考えると…怖いです。

 

で、本題。
そんなペースで人口が減っていく日本で、今までのビジネスが、今までのように成立するはずがない。新規顧客を増やし続けることが難しくなるのは当然で、だからこそ、今支持してくれているファンを大切にすることが大事だと、著者である佐藤尚之さんはおっしゃっています。

 

では最後に、今日の宿題。
人口が毎年100万人が減っていく時代に、あなたの会社はどう変化していくべきだと思いますか? そして、あなた自身のスキルを、どう磨いていくべきだと思いますか?

 

と、そんなことを考える勉強会を、参加者がいたらやりたいと考えているので、お気軽にお声がけください。


ファンベース(ちくま新書)