自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

中年と呼ばれる年齢になっても、アンテナの感度を高めていく方法

今、読んでおくべき本【随時更新】


リーダーの禅語: 並みのビジネス論より役立つ50の言葉

ラジオ番組、はじめました!
ラジオ版『自分の仕事は、自分でつくる』

「中年と呼ばれる年齢になっても、アンテナの感度を高めていく方法はありますか?」と問われたら、私は瞬間的に「ブログを書くこと!」と答えます。
「出た! ブログ崇拝発言…」という声も聞こえてきそうですが、本気でそう思っています。正確には、「習慣的にアウトプットができる場」を持っていれば、ブログでなくてもいいとは思っていますが…。

 

これは、私の後輩がやっているブログです。


彼が記事のネタを掴んだ“その瞬間”に立ち会っていることが多々あるのですが、いつも頭の片隅に「デザインのはてな」の存在があるから、ほんのちょっとしたことでも彼のアンテナは反応します。私も日々読んでいて、「なるほど。あの時間の中で、そんなこともキャッチしたのか」と感心することがあります。もちろん、プライベートの町歩きの最中でも、彼のアンテナは敏感に、何かを掴もうと動いているはずです。

 

彼も私と同じくアラフォー世代。
年齢を重ねることによる強さも弱さも自分と同じように日々実感しているはずですが、ひとつハッキリ言えるのは、30代前半の頃の彼に比べて、今の彼のアンテナの感度はよくなっているということ。その原因は間違いなく、習慣的にアウトプットできる場=ブログの存在があるからに違いありません。

 

アウトプットが習慣になると、アンテナの感度が高まっていく。
「歳をとったせいか、アンテナの感度が鈍っているような…」と、そんな不安を抱えている人には、ブログを書くことをオススメします。アンテナの感度を高めてくれるだけでなく、ブログは他にもさまざまな価値を与えてくれますから。