自分の仕事は、自分でつくる

10年後の「自分」と「仕事」をつくる、行動力の磨き方

成長するために、少し背伸びをしてみる時間をつくる

あるトークイベントへのオファーをいただき、今日はその打ち合わせを兼ねた昼食会に参加してきました。

 

場所は日本料理「よし邑」。
知る人ぞ知る名店で、名だたる方々が利用している日本料理のお店です。正直、ここに足を踏み入れてもいいのか? というくらいに恐縮をしてしまいました…。

f:id:igooke:20160115200342j:plainf:id:igooke:20160115200344j:plain

食レポではないので詳しくは書きませんが、出てきた料理が素晴らしいのは言うまでもなく、総料理長の人柄も、中居さんの接客も、個室や庭園の佇まいも、使われている器も、本当に素晴らしかったです。まさに、異次元というか、非日常な時間を思う存分堪能させていただきました。この会食に呼ばれていなければ、一生行かなかったかもしれません…。本当に貴重な経験をさせていただきました。

 

確かに日々の自分が食べているランチと比べてみると、値段はまったく違うので、頻繁には行けません。でも、決して手が出せない値段でもないのです。
今の自分にとっては、少し背伸びをした感のある空間であり、料理でしたが、得られたものを考えると、全然高くはありません。むしろ、安いと感じたくらいです。今回はたまたまお誘いいただいたわけですが、もっと積極的に、自分から「今の自分にとって、少し背伸びをした経験」をしていくことは重要だなと実感しました。

 

「場違いでしょ!」と自分から拒否反応を示すのではなく、背伸びをした経験を重ねていく。その背伸びがきっと、自分を成長させてくれるはずです。背伸びをする時間、とても大切な時間です。最近背伸び、していますか?